森 真由

MAYU MORI

若い世代への情報発信で、商品から会社のファンに進化させる

森 真由

2017年入社 WEBマーケティング部

INTERVIEW 04

Hameeで働く楽しさ

私は楽天に出店している数店舗の運営に携わっており、20代前後の女子向け店舗「Ketchup!」の店長をメインに、SNSでの情報発信なども担当しています。

実は私は、Hameeにしか就職する気がなかったので、他社は一切面接をしておらず、Hameeの選考に落ちたらフリーターになろうと思ってました。何気なく親友から言われた「新卒の切符は人生で一度だけだよ」の一言が、「その時しかできないことはやっておけ」精神で生きている私にとって衝撃的で、就活をするきっかけであり、その唯一の活動先がHameeでした。

Hameeで働くってどうなの?とよく聞かれるのですが、めっちゃくちゃ楽しいです。ここで働いたら楽しいだろうなと思って入社しましたが、思ってた以上に楽しい。私が人見知りをしないのもありますが、部署内外関係なくコミュニケーションが盛んで、色んな方に私がやりたい仕事の手助けをしてもらっています。

小田原という立地も気に入っていて、入社と同時に引っ越して来ましたが、お魚は美味しいし、海はあるし、山もあるし、箱根も近いし、静かだし、人が温かい。更にロマンスカーも新幹線も使える。その上、家賃も安くて助かっています。強いて悪かったことと言えば、週一でガッツリ運動してても痩せないことですね。ご飯が美味しい上に、飲み会も頻繁に開催されるので…。なんて贅沢な悩みだなと思っています。

「Hameeのファン」の獲得を目指して

学生時代にアクセサリーやキャンドルといったハンドメイド作品の販売を行うクリエイター業に就いていた中で、集客やファンの獲得をSNSで行っていたこともあり、入社後はその強みを生かすため早速、Ketchup!のインスタグラム運営を担当することになりました。

SNSを活発に使用する10〜20代という客層はHameeにとってはもちろん、ファッション、アクセサリーの流行に大きく影響のある世代です。この世代に向けて情報発信をすることは大きな意味のあることだと思い、引き継ぎしてもらえたことはとても嬉しかったです。引き継ぎ前まではフォロワーが270人ほどでしたが、今では5000人(2018年4月現在)を超えるフォロワーを持つアカウントに成長させることができました。

このインスタグラム経由でのアクセスや売上が伸びたことによってSNS施策の新しい可能性が見えたので、思い切ってインフルエンサーを活用したリアルイベントを企画・提案させてもらったところ、イベントの目標達成率は140%以上と大盛況でした。入社半年にも満たない時期からの挑戦的な企画でありながら、目標を大幅に上回る形で成功したので自分に自信を持つことができました。今は、まだあまり知られていないシリーズやデザインのiFaceをインスタグラム上で紹介し、購買に繋げています。

今後はもう一段階進んで、iFace = Hameeと結びつくレベルにまで会社や商品の認知度を上げていきたいと思っています。また、iFaceだけでなく他にも色々作っているクリエイティブな面白い会社であることを知ってもらいたいです。今の時点でiFaceのファンはたくさんいるけど、もう少し深い「Hameeのファン」にまで進化してほしい。自分の仕事が、そのきっかけの一つになればいいなと思っています。